テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > コンサルタントコラム

コンサルタント コラム集

テクノ経営のコンサルタントによる経営改革のためのコラムです。コラムは定期的に追加掲載しております。
弊社メールマガジンに登録頂く事でも定期的にご覧いただけます。

ものづくり改革コラム

改善活動の原点回帰・・・5Sは何のため?(2017年8月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 細川 比呂志

  大手電子機器メーカーの開発設計および生産部門において、製品の開発設計改革から、新製品の生産立ち上げ、生産性向上、品質向上、アフターサービスマネージメントにわたるものづくりの現場に従事する。その後テクノ経営総合研究所のコンサルタントへ転身。現場改善から組織力強化に至るまで経験に基づく幅広い視野でのコンサルティングを得意とする。

【コラムを読む】

改善指標の大切さ(2017年7月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 中川 勝之

  大手電子部品メーカーにて、装置設計、新商品開発、製造管理、設備管理、海外技術支援などの業務に従事し、『モノづくり』の現場に様々な角度から携わってきた。その間には、プロジェクトリーダーとして、生産性向上、仕掛削減、不良率低減など、数多くのテーマに参画、手掛けた。その経験を基に、コンサルタントに転じ、現場実践主義で、改善力向上、生産性向上、リードタイム短縮などの収益率向上活動を推進・支援している。

【コラムを読む】

現場のムダ作業になぜ気づけないのか?(2017年6月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 高村 光二

  大手電機メーカーの半導体部門において、製造技術担当として製品管理、プロセス管理、設備投資等の仕事に従事。その間、プロジェクトリーダーとして品質向上、歩留改善、プロセス改善、プロセス立上げ、作業改善など、様々なコスト改善テーマを実行。その経験を生かしコンサルタントとして、現場実践主義で現場視点での改善支援を行う。

【コラムを読む】

海外工場の改善活動―成功の秘訣(2017年5月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 井原 昌志

大手電子部品メーカーにて、生産設備の設計・開発、改善プロジェクトのリーダー、工場現場の管理者を経験し、「モノづくり」のノウハウを習得。その後、現職に就き、「人づくり」を基盤とした工場体質の強化を図り、一過性に終わらせない自主・自律体制を構築させた改善・改革活動を海外を含めて強力に実践推進している。

【コラムを読む】

「制度や設備投資に頼らない、本質的な働き方改革」(2017年4月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 相澤 淳一

化学品、食品および鉄鋼メーカーにおいて、品質保証・生産管理・工場プロセス等の改善チームリーダーとして、品質安定化・省力化・少人化、生産合理化などを経験し現職に従事。医薬・化学・食品・窯業・鉄鋼メーカー等の徹底した実践指導により、改善効果を経営成果に結びつけるコンサルティングを実践させていただいております。

【コラムを読む】

カイギを斬る(2017年4月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 長岡 道雄

大手家電メーカーにおいて、製造部門、新生産システムの導入、事業所内外の現場IE改善の実践、生産管理・経営管理、カスタマーサービス部門など幅広くものづくりに従事。顧客視点に立った活動推進による生産性向上、品質改善、人財育成で大きな成果を実現。

【コラムを読む】

いまこそ!間接部門の働き方改革(2017年3月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 伴 浩和

鉄鋼メーカーにおいて、品質管理、品質保証、製造ライン管理を担当。試験・分析技術改善、製造プロセス改善、安全・品質向上、能率・作業率・歩留向上、ライン自動化設備導入立ち上げ、工場建設プロジェクトを担当するなど、幅広い分野で貢献。その経験を基にコンサルタントに従事し、現在に至る。

【コラムを読む】

もの造り企業の競争力を高める(2017年2月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 花井 康孝

大型車輌向け部品メーカーにて現場管理、生産管理に従事。生産性、品質、歩留りの改善をリードした。その後、産業団体にてIE研修・標準化研修等のセミナー講師を担当し、マネジメントコンサルタントに転身。労働生産性向上・生産リードタイム短縮による在庫削減・生産指示のしくみづくりで成果を実現。現在に至る。

【コラムを読む】

工場改革を活性化させる!ものづくりコンサルタントの道具箱(2016年7月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 沢柳 知治

大手タイヤメーカーの生産技術部門において、新商品向け設備開発、ローコストライン開発、リサイクル技術開発等、開発から量産までの立ち上げに従事した。前職にて『小さく』、『安く』、『早く』設備をつくることは『生産性向上』、『品質向上』、『人材育成』に大きく寄与することを学び、その経験を基に現職に就く。相手の目線に合わせた分かり易く、エネルギッシュな指導で多くの顧客企業様から評価をえている。

【前編】 【後編】 

利益を生み出す効果的な設備保全活動(2015年9月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 中村 裕行

大手半導体メーカーにて、上場前の時代から生産管理・製造部門に携わり長年にわたって「モノづくり」の管理者として従事。全社製販在システムの企画~運用や新ラインの垂直立ち上げを実践し、半導体急成長期により良い品質の商品を大量に供給してきました。その経験を元にお客様と共に生産性向上・在庫削減等のテーマに取り組み、社員の意識改革を進めて高収益体質企業への変革を実践しています。

【前編】 【後編】 

HALAL(ハラール)ビジネスとHALAL工場(前編)(2015年9月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 清水 英男

大手家電メーカーで長年生産技術要職に携わり、1990年以降は東南アジア・イスラム圏、中国の工場建設・立上~運営安定化に尽力を注ぎ、その後コンサルの道へ。日本人と現地人の文化の壁を越えたマネジメント力と、テクノ経営が誇るVPM手法を基軸にしたコンサルティングは海外工場の諸問題解決にも多くの成果を上げ、高評価を得ている。

【前編】 【後編】 

技能・技術伝承の効率的な進め方(2015年6月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 手島 静雄

自動車部品メーカーにて、現場改善の実践を経て、製造管理及び品質管理に従事し、収益向上への数々のミッションに携わる。新規事業立ち上げプロジェクトにおいては、責任者として関連部門の統率をはかり、垂直立ち上げを実現。工場運営マネジメント及び生産現場での徹底したコストダウンの実践,指導経験を活かして現職に就き、あらゆる業種のクライアントを指導中。高い実績を上げ続けている。

【前編】 【後編】 

社員が変わる! 効率的なOJTの進め方!(2015年5月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 岩崎 行緒

大手電機メーカーにて、電子部品のプロセスエンジニアとして新製品開発から量産導入を行ってきました。その後、製造部門では製造現場の工程安定化に取り組んできました。その経験を基にコンサルタントに転身し、生産性向上や品質向上、コスト削減を現場と一体となって実現しています。また、活動を通じてメンバーの意識改革を実践しています。

【前編】 【後編】 

問題の見つけ方(2015年4月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 鈴木 正隆

応用化学を専攻し、大手セラミックスメーカーにて、新素材の研究開発、製品の製造技術、生産技術など、『モノづくり』の現場に様々な角度から携わる。改善推進、TPM推進部門の責任者として、工場の生産性向上、品質・歩留向上、原価低減、人材育成などのプロジェクトを統括するとともに、現場に入り込んだ活動を行い改革に貢献、大きな成果を上げる。安全衛生環境部門の責任者の経験も生かしながら、現在、コンサルタントとして活躍中。

【前編】 【後編】 

エネルギーの管理指標(エネルギー原単位)について(2015年3月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 西山 哲司

大手鉄鋼メーカのエネルギー部門、企画部門、化学部門、海外建設・運営等に従事。特に熱設備の測定・診断、解析、開発によるエネルギーコスト低減および製鉄所省エネ体制の構築と事務局としての業務経験を基に、省エネコンサルタントに従事し、以来、各種業種の省エネルギー(現場実践省エネ、エネルギー分析、体制構築、標準類体系化等)を実践推進している

コラムを読む

現場力 × 女性リーダー(2015年2月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 栗岡 正好

民生機器メーカーにて ・生産管理・資材購買などや新製品立ち上げ業務などを通してものづくりに深く関与してきた。 又、国内工場の新規立ち上げ業務や新生産システムなどの構築なども担当した。 海外での生産経験もあり、これらの経験から「働く人の意識」が業務に大きく影響することを学び、従業員の意識改革追及に努力してきた。

【前編】 【後編】 

意外と難しい清潔の統一(2015年1月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 仲上 周一

電子部品メーカーにて、生産管理、工程管理、受注出荷管理、在庫管理、原価管理、海外輸出などの製造工場内システム開発に携わり、コストダウン、現場業務改善、品質改善などを実施してきました。また、物流拠点では、生産性向上、リードタイム短縮、出荷品質向上などの業務改善とシステム開発を実施、これらの経験をもとに、多くの工場で実践的改善を指導、人、組織の現場力向上を実施中。

【前編】 【後編】 

タイ人中間管理職の育成と自立(2014年12月執筆)


コンサルタント写真

TMCT 山本 信幸

電子部品製造業にて生産性改善、生産技術改善(VE,VA)、事業再構築、コア技術の確立、製造現場の作業改善、トヨタ生産方式導入等の業務経営を 活かし、コンサルタントに転身する。日系企業の海外工場における課題解決に関して、数多くの指導実績を持っている。

【前編】 【後編】 

トップが動かなければ間接部門は変わらない(2014年11月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 米山 昶夫

大手電機メーカーにおいて、研究開発から会社経営までの幅広い経験を積み、現職に至る。各企業における様々な経営課題の解決支援で多くの実績を上げる。全社的視点での経営品質向上支援では高い評価を受けている。

【前編】 【後編】 

自社に合わない後工程引き取り生産で利益を失っていませんか?(2014年9月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 藤澤 俊明

大手自動車メーカーの生産技術部門において、生産性向上プロジェクトやTPSを用いた国内外工場の量産ライン新設立上げ・工程改善等に従事する。また、新規生産ラインの垂直立上げ管理や立上げ業務の効率化、 据付リードタイム短縮など、間接部門の改善活動にも大きく寄与してきた。その経験を活かし、テクノ経営総合研究所のコンサルタントに転身し現在に至る。

【前編】 【後編】 

ヒューマンエラー防止(2014年9月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 伴 浩和

鉄鋼メーカーにおいて、品質管理、品質保証、製造ライン管理を担当。試験・分析技術改善、製造プロセス改善、安全・品質向上、能率・作業率・歩留向上、ライン自動化設備導入立ち上げ、工場建設プロジェクトを担当するなど、幅広い分野で貢献。その経験を基にコンサルタントに従事し、現在に至る。

コラムを読む

全数目視検査の問題解決(2014年8月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 角田 弘

大手電気メーカーにて、生産管理をはじめ、品質管理、原価低減の責任者として、生産性向上、合理化、品質安定化、コストダウン、製販管理システムの改革などを歴任し経営体質の強化に貢献してきました。その後、現職に従事し、改善効果を経営成果に結びつけるコンサルティングを幅広く展開しております。

【前編】 【後編】 

ほめる技術は組織の最大パフォーマンスを引き出す(2014年4月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 花井 康孝

大型車輌向け部品メーカーにて現場管理、生産管理に従事。生産性、品質、歩留りの改善をリードした。その後、産業団体にてIE研修・標準化研修等のセミナー講師を担当し、マネジメントコンサルタントに転身。労働生産性向上・生産リードタイム短縮による在庫削減・生産指示のしくみづくりで成果を実現。現在に至る。

【前編】 【後編】 

確実に成果につなげる指標を基軸とした改善活動(2014年3月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 宮澤 文明

 大手電子機器メーカーにおいて、製造部門、外注指導、IE部門を経て工場改革室のマネジメントとして工場全体最適化を推進。社内及び協力工場の生産性向上、在庫削減、セル生産を実践。これらの経験を基に現在も多くのコンサルテーションを展開している。生産性向上、調達改善、管理系仕組み改善を中心に収益向上に軸足を置いた改善指導及び工場若手リーダーの育成を行い、各業種のクライアントにおいて高い評価を得ている。

【前編】 【後編】 

生産性指標と経営成果を考える(2014年2月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 長沢 亮

大手家電PCメーカー、化学メーカーの技術系要職を経て、弊社コンサルタントとなる。現在、弊社常務執行役員を務める傍ら、製造現場改善、生産管理仕組み構築、設計・間接部門改革などの幅広いコンサルティング分野で活躍中。2012年1月、弊社書籍「ものづくり改革 成功の法則」(日経BP社出版)を執筆・監修し、以降今日までの間、月刊誌「日経ものづくり」にて製造コースコラム連載やセミナー講師を担当する等、多方面から高い評価を得ている。

【前編】 【後編】 

食品業界を担う経営者の皆様に(2014年1月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 板屋 博行

大手複写機メーカーにて、主力工場の組立ラインの生産性改善、並びに製造技術、生産技術を担当。特にプレス加工の工程設計、金型設計に従事。家電部品メーカーでは品質保証の責任者となり、工場責任者などの要職を歴任し現職に至る。

【前編】 【後編】 

これからの10年で勝ち組になるには(2013年12月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 門田 晋吉

早稲田大学 理工学研究科 修士(大学院)終了。大手運送機器メーカーに於いて、開発・設計部門、品質保証部門、原価企画部門の要職を歴任する。業務プロセス改革プロジェクトの推進役として、改革案策定及びその実現化に向け尽力。その後現職に就き、開発設計・品質改善支援のみならず、大幅な原価低減による体質改善指導には定評を得ている。

コラムを読む

企業ナレッジ力の低下を憂える(2013年11月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 奥川 正文

大手建築資材メーカーにて既存・新素材による商品企画、開発や製造ラインの省力化等の要職を歴任し、テクノ経営総合研究所のコンサルタントになり、現在に至る。大幅な生産性向上と意識改革による大胆且つ着実な課題解決は好評である。特に全体最適へのアプローチは論理的で分かり易く、顧客企業再生への熱意と実践的指導力は各社から高い評価を得ている。

コラムを読む

連載コラム

組織の絆を蘇らせ生き生きとした職場を作る(2013年9月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 佐竹 陽一

~ものづくりファシリテーター育成のすすめ~
改善・改革活動において、成功と失敗を分ける要素は何かを考え、成功に向かわせる手法としてのファシリテーションスキルを実践するミドルの育成の必要性を3回に渡りご紹介いたします。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 

改善・改革を継続させるヒント(2013年8月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 中川 勝之

改善・改革の取り組みの実態を拝見しますと、一過性の取り組みになっているケースが多く見られます。本コラムでは、その代表的なパターンを取り上げて“改善・改革を継続させるヒント”というテーマで、3回に渡り重要なポイントをご紹介して参ります。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 

知らないと損をする! 工場改革成功の条件(2013年6月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 沢柳 知治

頭で分かっているけれど、なかなか実行できない工場改革成功の条件を、研究事例と私の経験をもとに、あなたも明日から実践できるようにまとめました。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】

失敗しない改善・改革の進め方(2013年4月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 内山 三朗

コンサルタントとして数十社のクライアントの支援を行ってきた中には、必ずしも成功ばかりでなく失敗の経験もあります。何が成功と失敗の要因なのか?継続的に成果を出し続けるためには何が必要なのかをご紹介します。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】

改善成功のヒント(2013年3月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 長岡 道雄

次のようなテーマで3回にわたり現場改善を成功させるヒントを考えてまいります。 第1回:「5S」、第2回:「はかる」、第3回:「続ける」

【第1回】 【第2回】 【第3回】

間接業務改革の勘所(2013年1月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 南野 嘉也

型通りの「間接業務改革の進め方」ではなく、今までのコンサルティング経験を元に、改革の成果を出すための「おさえどころ」をお話し致します。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】

経営改革に役立つコラム(2012年10月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 相澤 淳一

経営改革に役立つコラム」ということで、3回に分けて掲載させていただきます。
 第1回 「経営成果達成へのステップ」
 第2回 「経営成果達成につながる職場づくり(前編)」
 第3回 「経営成果達成につながる職場づくり(後編)」
 第4回 「経営成果達成の阻害要因」について

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】

国内製造業の課題(2012年9月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 安田 俊道

日本の製造業が今後どのような道を進むべきか。日本の製造業の課題とその方策について、昨年までは海外の製造業のコンサルティングも行い、現在でも海外工場と密接に関わる国内工場の指導を行う立場としてご説明します。

【第1回】 【第2回】 【第3回】

企業ナレッジ力の低下を憂える(2012年7月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 小久保 和孝

国内企業でいかに利益を生み出していくか。間接・直接部門の一体改革による大胆な活人化による改革の進め方。その成果を確実にするためのポイントをお話しします。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】

国内企業で“利益を生み出していく『ものづくり』のあり方を考える!”(2012年6月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 大野 浩行

国内企業でいかに利益を生み出していくか。間接・直接部門の一体改革による大胆な活人化による改革の進め方。その成果を確実にするためのポイントをお話しします。

【第1回】 【第2回】 【第3回】

コンサルタントの視点で見た海外工場運営(2012年3月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 進藤 淳

海外工場をいかに早く立上げを行い、順調に生産を開始するか。日本人駐在員がどのように対応していったら良いのかについてコンサルタントとしての指導経験や、海外赴任した過去を含めて、感じていることをお話しします。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】

海外製造拠点における改善活動の風土づくり(2012年2月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 木部 茂

日本人主体のモノづくり企業から、ローカル人材主体のモノづくり企業への改革に取り組まれた、企業様の事例をご紹介しながら「改善活動の風土づくり」に関してアドバイスしていきたいと考えます。

【第1回】 【第2回】 【第3回】

海外工場の設備保全(2011年12月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 藤井 秀文

昨今の超円高で日本でのモノづくりに見切りをつけ、「生産は海外、技術開発は日本」という割り切った考え方をする企業も多くなってきています。そんな中、海外工場を指導して感じることや 日本との違い等をご紹介していきます。

【第1回】 【第2回】 【第3回】

海外工場の改善ポイント(2011年8月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 井原 昌志

近年、ものづくり企業の海外進出が盛んです。そんなグローバル化の波を受けて、私自身もコンサルタントとして東南アジアや中国・台湾などの工場にお伺いする機会が多くなってきました。 そんな経験をもとに、これから数回にわたって海外工場における改善活動のポイントをお伝えしていきたいと思います。

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】

間接業務改革のポイント(2011年5月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 平井 康之

「受注量は減っているのに、間接部門は以前にも増して忙しそうにしている」、様々な企業でこのような声が聞こえてきますが、一体何が起こっているのでしょうか?

【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】

間接改革「OVM」の進め方(2011年2月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 五十嵐 功

あらゆる間接業務を見える化し、ムダを排除し、「価値業務」に集中できる体制とその中から活人した方々の次なるステージを造り上げて企業発展へと結びつけて行って頂くための方法をお話します。

【第1回】 【第2回】 【第3回】

間接業務改革のポイント(2010年12月執筆)


コンサルタント写真

株式会社テクノ経営総合研究所 丸田 幸寛

現場の改革では、徹底的な改善をしてきた企業も、間接部門の改革となるととたんに足踏みをしてしまう場合が多いようです。s間接組織そのもののあり方を見直し、リーダーシップを強化した人・組織を中心とした成果創出集団をつくることにより、間接部門の構造そのものを変えて行く必要があります。

【第1回】 【第2回】 【第3回】