テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > コンサルタント紹介 > コンサルタントプロフィール

コンサルタント写真 藤澤 俊明
FUJISAWA TOSHIAKI
大手自動車メーカーの生産技術部門にて、国内外の工場立上げ、生産ラインの生産性向上、品質向上、設備稼働率向上等に従事。高効率・高品質な工程設計・作業設計等、工場全体の最適化を実現する。 現在は、自動車部品工場、組立工場、素形材工場、食品工場、化学プラント等の様々な分野において、製造現場から間接部門まで、幅広いコンサルティング実績を持つ。

【お客様へのメッセージ】

日本製造業が苦戦する現在、モノづくりを支援するコンサルタントとして、この状況の打破に大きな責務を感じております。
経営成果創出には、企業の最大の経営資源である「人」の成長が欠かせません。私は「人」に起点においたVPM手法を主軸としつつ、長年体得したTPSの考え方もフル活用しながら、人の意識改革を中心とした生産改革を全身全霊で取り組んで参ります。是非、皆様とご一緒に「人」の成長、そして企業の発展に貢献できればと考えております。
日本のモノづくり復興に向け、一緒に頑張って参りましょう。

【コンサルティング分野】

1.VPM手法による生産性向上と意識改革
2.トヨタ生産方式をベースとした最適な作業・物流設計、ジャストインタイム化
3.生産ライン・新製品の垂直立上げ・工数低減
4.間接部門の生産性向上
5.設備総合効率向上、予防保全の仕組みづくり
6.体系的な人材育成・人材教育の導入支援(仕組みづくり、講師)
7.その他(エネルギーコスト低減、技能伝承、VA・VE等)

【実績】

1.中国日系企業における全社改革(現場生産性向上、間接部門改革、受注拡大の為の営業戦略策定等)
2.食品工場における生産改革と体系的な人材育成支援
3.素形材工場における生産性向上とリードタイム短縮
4.化学プラントにおける設備稼働率向上と間接部門の生産性向上
5.機械メーカーにおける生産方式構築支援(JIT)   等

【講演予定 及び 講演実績】

2017/6/27:製造部門と一体となって進める! 『間接部門改革による強い工場の実現』(福島)
2016/12/9:意識を変え成果を生み続ける改革の進め方(宮城)
2016/9/16:必ず成果を出す工場改革の秘訣(宮城)