テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > 採用情報 > 社員インタビュー

社員インタビュー

モノづくりを突き詰める

東証一部上場の電子部品メーカーで生産技術・製造現場から総務や改善推進室まで、あらゆる仕事に携わりました。改善推進室ではリーダーも務め、この面白さをもっと追求したいと思うように。コンサルタントはあらゆる製造業の顧客と向き合う、変化も刺激も多い仕事なので、ここなら自らを大きく成長できると実感しました。

不安は対話で解消

最初は誰もが不安に感じると思いますが、お客様から心のこもった「ありがとうございました」の一言をいただくとそれも払拭されます。コンサルティングは人の潜在能力をうまく引き出せるかどうか。論理性も必要ですが、まずはシンプルな対話を意識することで相手との心を通わせることが大事ですね。

西日本事業部 関西カンパニー 副カンパニー長 井原 昌志

同じ場所では限られる経験

長年コイルや鋼板関連を手がける鉄鋼業界で製造ラインの管理や技術開発、品質保証管理など幅広く経験。自らの次のステップアップを考えた時、新しい場所、違う環境でチャレンジすることがこれからの励みになると思い、常に新しい環境へ挑む「コンサルタント」という職種は心に響きました。

不安を上回る期待値

未経験のフィールドは不安よりも期待値が上。モノづくりへ真剣に向き合い、お客様目線で取り組む姿勢があれば、個人のスキルは大きな問題ではありません。最初は「忙しくてそんな暇はない」とお話されていた方が積極的に取り組むようになるなど、従業員の行動や発言が変わるとやりがいは大きいですね。

中日本事業部 ブレーンカンパニー 第2本部 本部長 伴 浩和

経験がそのまま活かせる

もともとはハードディスクや携帯電話の電子部品の加工にずっと携わり、製造現場はもちろん、現場管理、管理会計、さらに工場移転や海外拠点のPMも経験しました。コンサルタントになりたいというよりも、これまでの経験を活かし自分のやってみたいことを考えたら、コンサルタントにたどり着きました。

現場が変わるよろこび

人が変わっていく”変化”を見ていると、自分の手がけた仕事に意味があったと実感できますね。劇的な改善成果や数値の動きより、日々、一緒に働く中で感じる変化こそいちばんのモチベーション。努力は必要ですが、それを重ねることで不安が払拭されるので自分のためでもありますね。

西日本事業部 関西カンパニー 第2本部 本部長 鳥取 一博