テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

経営革新セミナー


品質と効率を両立する 『工場改革の進め方!』

~ ムダ取りだけではコストは下がらない! ~

セミナー内容

コスト競争が激化するなか、効率向上の取り組みは不可欠です。しかしその結果、品質が低下してしまった事実や危惧から、『思い切った改善に踏み切れない』そんな議論が生産現場で起きていないでしょうか?
優先すべきはどれなのか?“品質”か“効率”か、この課題について“5つの視点”で考えます。

【講演内容】
 ■ 「納期」・「品質」・「効率」、生産管理の3要素
 ■ 3要素の根底にあるのは「コスト」、相反するものではない
 ■ 製造コスト、欠陥コスト、機会損失コストを正しくつかむ
 ■ コスト低減活動とは、3要素(納期・品質・効率)のバランスと優先順位に立脚したコスト最適化活動である
 ■ コスト最適化実現のために必要な「改善の視点」と「取組み事例」

※危惧される状況と取組みの観点
 ★ 効率改善は品質が低下する ⇒ ムダ取りと早く作ることを混同していないか
 ★ 品質改善は効率が低下する ⇒ 品質改善と品質対策を混同していないか
 ★ 機会損失の発生       ⇒ やるべきことをちゃんとやっていたのか

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  本部長コンサルタント  宮澤 文明

大手電子機器メーカーにおいて、製造部門、外注指導、IE部門を経て工場改革室のマネジメントとして工場全体最適化を推進。社内及び協力工場の生産性向上、在庫削減、セル生産を実践。これらの経験を基に現在も多くのコンサルテーションを展開している。生産性向上、調達改善、管理系仕組み改善を中心に収益向上に軸足を置いた改善指導及び工場若手リーダーの育成を行い、各業種のクライアントにおいて高い評価を得ている。

開催要項

【 開催日時 】 2017年7月7日 (金) 13:00〜16:00

【 開催場所 】 石川:金沢商工会議所 研修室2

【 受講料 】   通常料金(税込)10,000円   HP申込 割引料金(税込)8,000円

※ご好評のうちに開催終了いたしました。
ASAP申込

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット