テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

技術セミナー


工場レイアウト設計技術

~ 工場の老朽化でお悩みではないですか? ~

セミナー内容

-----------------------------------------------------
30年先を見据えたリニューアル・新設のノウハウ提供
-----------------------------------------------------
◆製品が進化していくのに工場は変わらない・・・。
日本国内の設備投資が停滞して25年。工場・設備の老朽化は国内にとどまらず海外工場にまで拡大し現場はますます疲弊していく。設備の老朽化故障による稼働ロスは誰もが悩む課題ですが、レイアウトが不適切で大きなロスを招いている事には気付いていません。“工場を蝕む生産習慣病”

◆工場を変えたい、設備を更新したい・・・。
せっかくのチャンスに根本から再設計し、工場の病床を徹底排除し、効果的リニューアルするには。

◆工場を新設したい・・・。 企画・設計・施工・立上げ
どこから何を手掛けるか。重要なステップは?
ベテランコンサルタントが解決方法を分かり易く説明します。

----------------------------------------------------------
【プログラム】
1.イントロダクション
  日系企業の工場建設投資事情
  なぜ工場レイアウト設計技術が衰退したのか
  ものづくり企業に於ける工場レイアウトの悩み

2.工場設立に必要な業務の全容
  設備配置だけがレイアウト設計ではない
  企画設計〜各種法的手続き〜施工立上げまで
  工場レイアウト設計は“生産技術の総合力”

3.ムダの無い工場レイアウト設計の具体的手法
  既存工場に潜む課題を浮き彫りにする方法
  ムダを生ませないレイアウト・・設計へ生かす方法
  レイアウト図は平面だけでは不足・・なぜか

4.意外と知られていない工場建設のステップ
  建築設計−建設工事、設備設計−設置立上
  時間軸で必要になる各種業務
  プロジェクト体制での業務管理のコツ

5.見違える、効果的な工事業者の動かし方
  施主が主導権を持つ総合日程管理のポイント
  安全第一、情報共有の重要性
  問題発見の具体策

6.これから20年・30年先を見据えた工場とは
  インダストリー4.0 IoT を考える
  世界が更に平準化高速化する時代の対応法
  れからの国内工場と海外工場の理想の姿

工場建設業務をアウトソーシングする場合でも、施主である企業の皆様が主導権を持って実務に当たるための要点になります。
----------------------------------------------------------

※貴社の工場における課題などがありましたら、お申込み時、メッセージ欄にご記入ください。
(FAXにてお申込みの場合は、用紙にご記入ください)

【参加対象者】
 ・生産技術担当者、責任者。
 ・工場企画担当者、責任者。
 ・工場設備・レイアウトの老朽化で苦労している部署の方々。
 ・工場移転・新設・海外進出などを計画している部署の方々。

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  マネジメントコンサルタント  清水 英男

大手家電メーカーで長年生産技術要職に携わり、1990年以降は東南アジア、中国の工場建設立上〜運営安定化に尽力を注ぎ、その後コンサルの道へ。 日本人と現地人が持つ文化の壁を乗り越えたマネージメント力を身に着け、テクノ経営が誇る VPM手法を基軸にしたコンサルティングは海外工場の隅々まで届く指導で高評価を得ている。

開催要項

【 開催日時 】 2017年7月19日 (水) 10:00〜16:00

【 開催場所 】 東京:九段センタービル (1F)

【 受講料 】   通常料金(税込)38,000円  



※2名様以上同時お申込みの場合、30,000円/1名様(税込)

※ご好評のうちに開催終了いたしました。
ASAP申込

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット