テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

技術セミナー


製品開発の 『開発リードタイム削減』 を実現する 『次世代設計リーダー養成塾』 です。

セミナー内容

-------------------------------------------------------------
次世代の製品開発のQCD達成を担う設計リーダー/実務者の方々、お集まり下さい。
-------------------------------------------------------------

製品の品質(Q) とコスト(C)は80%が設計段階の取り組みで決まると言われています。それに対し実際の設計現場では、設計後期の手戻りによる出図遅れ、出図後に発生する設計変更、コスト目標未達による収益圧迫等の課題が散見され、企業目標達成のボトルネックになっております。本セミナーでは最近ニーズが高まっている製品競合力確保のための「開発リードタイム削減」に向けて、あるべき姿と現状分析との比較から、どのように業務プロセスを改革すべきかを伝授する次世代設計リーダー養成塾です。もちろん、設計品質(Q)とコスト(C)の最適化も含めた、結果としての納期短縮(D)達成を目指した取り組みとなります。

-------------------------------------------------------------
【プログラム】
1.製品開発プロセス見える化
   IDEF0による業務プロセス定義

2.QCD達成に向けた対策事例
   フロントローディング/コンカレント開発
   2D vs. 3Dマスター(バーチャル評価)
   モジュール化/部品定員化(集中と選択)
   VE/QFD (TQC手法)

3.【演習】現状定義と課題抽出
   現状プロセスのIDEF0定義
   課題プロセス抽出と対応策策定
   対策効果の見える化/数値化(KPI)
   自社事例発表

4.質疑・応答、相談
-------------------------------------------------------------
★貴社に合わせた出張セミナーにも応じます★

※貴社の設計業務の課題等ありましたら、お申込み時「メッセージ欄」にご記入ください。
(FAXにてお申込みの場合は、用紙にご記入ください)

【セミナー対象者】
 ・開発部門の設計リーダー/実務者の方々

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  マネジメントコンサルタント  柴田 明尚

大手自動車メーカーにおいて、乗用車・SUV車体開発の企画・設計・構造解析業務に従事。幾多の新車型開発のプロジェクトリーダーとしてQCDの取り纏めと開発プロセス改革に携わった。その後、外資系PLMベンダのITコンサルタントとして、国内外製造業界の設計開発・生産技術・構造解析の業務改革及び企業基盤DB構築のプロジェクト等を担当した。これらの経験を基に、業務コンサルタントとして開発部門の業務改革活動を推進している。

開催要項

【 開催日時 】 2017年7月7日 (金) 10:00〜16:00

【 開催場所 】 東京:九段センタービル (1F)

【 受講料 】   通常料金(税込)38,000円  



※2名様以上同時お申込みの場合、30,000円/1名様(税込)

※ご好評のうちに開催終了いたしました。
ASAP申込

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット