テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

技術セミナー


【テクノ式】 周辺視検査の体得

~ 基本から技能伝承まで!周辺視検査のすべてがわかる、身につく ~

セミナー内容

-- 見逃し不良を大幅削減!生産性アップの着想と実践法 --

顧客からの品質要求は高まり続けています。一方、人手に依存する検査業務は大きなコスト増の要因ともなっています。また、長時間の集中力が求められる外観検査の疲労度は高く、作業者の大きな負担となっています。
当セミナーでは、求められる品質管理水準を満たしつつ、外観検査の作業効率を高める手法について具体的に学びます。
実際の検査演習を通じて周辺視目視検査法の原理と特性を理解し、体得していただける実践的セミナーです。

------------------------------------------------------
【プログラム】
(1)モノづくり環境の変化と品質検査
 ・モノづくりを取り巻く環境変化
 ・業務の価値作業とは―業務効率化の考え方
 ・検査部門が抱える問題―QCDとどう取り組むか 
 ・検査効率化に関わる4つのポイント

(2)検査業務の効率化
 ・検査効率を高める3つのポイント
 ・検査員の負担を減らす 
 ・検査作業のバラツキをなくす(作業標準化・教育)
 ・単位作業のムリ・ムダを発見する(作業分析)
 ・標準ペースを体得する(ペースレイティング)

(3)周辺視検査の実践【実習】
 ・検査方法の種類―中心視検査と周辺視検査
 ・周辺視検査とは―目視検査と眼球の特性 
 ・周辺視検査のコツとは
 ・周辺視検査を体感する 
 
(4)周辺視検査の導入手順 
 ・周辺視検査導入のポイント
 ・周辺視検査の導入手順
 ・検査仕様、検査評価方法の見直し
 ・限度見本の整備
 ・作業手順の標準化―熟練検査員に学ぶ
 ・作業環境の整備
 ・検査員教育の進め方
 ・技能伝承資料の作成
 ・周辺視検査による検査効率アップ事例

(5)検査効率を向上させるためのポイント
 ・5Sの重要性―整理・整頓の重要性
 ・現場力の強化―小集団改善活動
 ・まとめ・質疑応答
------------------------------------------------------

【参加対象者】
 品質検査担当者、管理監督者・リーダー

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  TECコンサルタント  栗岡 正好

民生機器メーカーにて 生産管理・資材購買などや新製品立ち上げ業務などを通してものづくりに深く関与。 又、国内工場の新規立ち上げ業務や新生産システムなどの構築なども担当した。 海外での生産経験もあり、これらの経験から「働く人の意識」が業務に大きく影響することを学び、従業員の意識改革追及に努力している。

開催要項

【 開催日時 】 2017年8月25日 (金) 10:00〜16:30

【 開催場所 】 愛知:株式会社テクノ経営総合研究所 名古屋オフィス15F セミナールーム

【 受講料 】   通常料金(税込)30,000円  

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット