テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

技術セミナー


工場マネジメントで進める 『ヒューマンエラー撲滅』

~ 災害・事故、ポカミス、トラブル対策のツボ その秘密を徹底解明! ~

セミナー内容

『ヒューマンエラー再発防止!発生要因を元から断つ現場対策の実践法を紹介!』
------------------------------------------------------------
生産現場では、数多くのヒューマンエラーが起こっています。それらは事故や災害につながるだけでなく、ポカミスなどちょっとした現場のミスが、不良や手直しなどのムダや損失を発生させています。ヒューマンエラーの発生は、価値向上と原価低減に重要な関係があります。売価を上げることは無理でも、ヒューマンエラー対策により不良や手直しをゼロ化すれば、売上はかわらずとも利益は2倍になります。
人はどうしてもミスを起こすものです。ヒューマンエラー対策の切り札は、全社を巻き込んだ工場マネジメントの推進に尽きます。ツールや手法に頼る一時的な対症療法ではなく、俯瞰的な視点からの要因対策が重要です。
セミナーでは、ヒューマンエラー原因の徹底的な洗い出し、再発防止策の進め方を、豊富な事例や実践演習を交えながら具体的に解説いたします。ぜひこの機会に受講され、自社のヒューマンエラー対策にご活用ください。

------------------------------------------------------------
【プログラム】
(1)会社に来てやることは “たったの2つ”
 ・会社の目的とは?
 ・価値向上と原価低減の関係 
 ・職場の雰囲気を変える

(2)ヒューマンエラーとは?
 ・ヒューマンエラーについて
 ・分類や分析すること自体がムダ
 ・ヒューマンエラーは3つある 
 ・99%は他愛もない積み重ねで発生
 ・事例紹介と演習

(3)今までの取組みにおける問題点
 ・暫定対策だけで根本対策をしてこなかった 
 ・他責(誰かがやるだろう)と考えているから再発する
 ・規律の欠如で注意力が散漫になる
 ・事例紹介

(4)ヒューマンエラーを撲滅する考え方 
 ・職場の環境整備に取り組む
 ・安全活動に全社員を巻き込む
 ・安全確保が生産性向上や品質向上に寄与する 
 ・活動は愚直にコツコツ行うべし

(5)ヒューマンエラーを撲滅する方法 
 ・事故や災害を未然に防ぐ事前の策 
 ・ハインリッヒの法則を逆活用 
 ・災害ゼロはトップの意思表示と熱意で決まる
 ・ポカヨケの導入と活用

(6)工場マネジメントの取組み
 ・社員をさらに活かすモチベーションのかけ方
 ・工場マネジメントの方法と秘訣
 ・教えるよりも気づかせることが大切
 ・規律を高めることが重要
 ・災害ゼロケースの事例紹介

※セミナー内容は一部変更になる場合がございます。
------------------------------------------------------------

【受講対象】管理・監督者、リーダー、安全衛生管理ご担当の方

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  専任コンサルタント  松田 龍太郎

大手電機メーカーで機械設計・開発に従事。特許・実用新案を数多く考案し、改善提案を26年間で6,000件以上実施する。トヨタ生産方式(TPS)を中心に業務改善、間接業務の改善にも取り組む。メーカー退職後、コンサルタントとして活躍、元気で明るくユーモアを交えたユニークな指導を展開してきた。  現在は欧州数カ国を毎月訪問し、数多くの企業でコンサルティング実施。日刊工業新聞社の月刊誌、企業家精神も含め 月間2本の連載を執筆中。見えるムダだけでなく、見えないムダまで自ら気づくヒントを提供し、「自ら考え、自ら行動し、自ら改善が出来る」ようにやる気を引き出す事を得意とするコンサルティングを進めている。 ※『工場管理』(日刊工業新聞社) 好評連載中! 「見えないものが見えてくる 虫の眼 魚の眼 鳥の眼」

開催要項

【 開催日時 】 2017年11月13日 (月) 10:00〜16:30

【 開催場所 】 大阪:株式会社テクノ経営総合研究所 大阪オフィスセミナールーム7F

【 受講料 】   通常料金(税込)30,000円  

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット