テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

経営革新セミナー


ドイツ製造業の指導経験をもとに語る 『ものづくり改革と人財育成の秘訣』

~ ものづくり現場を見てわかった経営戦略のヒント、人財育成、働き方改革、ものづくり発想力など ~

セミナー内容

ドイツ流ものづくりの強みは、世界から評価される品質と技術力を持った中小製造業の存在にあります。
そして、少子高齢化による労働力の減少、製造業の就労率の高さなど、その条件はわが国にも共通します。
技術開発力でグローバル競争に打ち勝つ「インダストリー4.0」の背景にある“ものづくりの哲学”とは?
ドイツを中心とした、欧州の製造業コンサルティングを通じて体得した「ものづくり改革」のヒントをお伝えします。

--------------------------------------------------------------
【グローバル市場に打ち勝つ業務改革の秘訣とは?】
 ■ 「インダストリー4.0」官民一体で攻勢をかけるドイツ流ものづくり
 ■ 中小製造業が支えるドイツのものづくり 独創性と高収益
 ■ 労働生産性の国際比較、日本とドイツのちがい
 ■ マイスター制度 ― 職人かたぎと人財育成の考え方
 ■ コンサルティングで感じたドイツ人のカイゼン意欲
 ■ ことばよりも手振りで伝わるコミュニケーション
 ■ 日本とドイツ ― ものづくり現場が抱える共通課題

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  エキスパートコンサルタント  松田 龍太郎

大手電機メーカーで機械設計・開発に従事。特許・実用新案を数多く考案し、改善提案を26年間で6,000件以上実施する。トヨタ生産方式(TPS)を中心に業務改善、間接業務の改善にも取り組む。メーカー退職後、コンサルタントとして活躍、元気で明るくユーモアを交えたユニークな指導を展開してきた。  現在は欧州数カ国を毎月訪問し、数多くの企業でコンサルティング実施。日刊工業新聞社の月刊誌、企業家精神も含め 月間2本の連載を執筆中。見えるムダだけでなく、見えないムダまで自ら気づくヒントを提供し、「自ら考え、自ら行動し、自ら改善が出来る」ようにやる気を引き出す事を得意とするコンサルティングを進めている。 ※『工場管理』(日刊工業新聞社) 好評連載中! 「見えないものが見えてくる 虫の眼 魚の眼 鳥の眼」

開催要項

【 開催日時 】 2018年2月16日 (金) 14:00〜16:30

【 開催場所 】 愛知:株式会社テクノ経営総合研究所 名古屋オフィス15F セミナールーム

【 受講料 】   通常料金(税込)10,000円   HP申込 割引料金(税込)8,000円

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット