テクノ経営総合研究所ロゴ

HOME > セミナー一覧 > 詳細

技術セミナー


レイアウト改善で生産性アップ! 『手作り工場改革のすすめ』

セミナー内容

------------------------------------------------------------
『工場レイアウトは四次元発想(立体+時間)で考える!』
------------------------------------------------------------
現状の問題を解決し、あるべき姿を実現することが工場レイアウト設計の目的です。そのためには静的・平面的なとらえ方ではなく、動的・空間的な視点で品質・納期・コストを改善に導く発想が必要です。本セミナーでは、工場レイアウト設計の考え方と実践ノウハウを多くの事例を交えて紹介します。

------------------------------------------------------------
※こんな症状の方は至急ご受講ください!

 ■ 工場内の各工程がつながっておらず、離れ小島になっている
 ■ 迷路のような工程の流れ、次に何を流すか一目でわからない
 ■ 工程内で不良が出ても、すぐにアクションが取れない
 ■ 各工程の密度が薄く、手待ちや空歩行が多い
 ■ 水すまし作業がなく、オペレータが部品取りや完成品を運んでいる
 ■ 工数がバラツキ、作業やモノの流れが不安定
 ■ タクトタイムという概念がなく、気ままに作業している

------------------------------------------------------------
【プログラム】
(1)生産革新のフレームワーク
  ・ジャストインタイムと自働化
  ・生産革新の目的は「原価低減と価値向上」
  ・ムダな作業と付加価値のある作業の捉え方
  ・IE的発想だけでは限界がある
  ・部分最適ではなく全体最適をめざす

(2)成功する「工場レイアウト計画」とは?
  ・設計思想のないレイアウト計画は失敗する
  ・四次元発想(立体+時間)と現場主義で考える
  ・まず工場のあるべき姿をデザインする
  ・工程設計から生産システム変更を検討する
  ・品質と納期優先で生産性向上とコストダウン 

(3)工場レイアウト改善の進め方
  ・長く不安定な工程は短く密度の高いラインに再編する
  ・幹線道路の設定と水すまし活用で生産効率向上
  ・検討チームによるコンペ方式で現場の知恵を盛り込む
  ・段ボールを使ったシミュレーションでスペース1/2化の実例
  ・仕掛を大幅に減らすレイアウト改善の進め方

(4)セルライン・U字ライン改善の進め方
  ・完成品までの工程を分解して現状の課題を知る
  ・各工程のネック(品質・作業性・工数など)を把握する
  ・「魚の骨図」によるライン改善の方法
  ・段ボールを使ったシミュレーションの進め方

(5)効率的な構内物流と改善コーナーの設置 
  ・構内物流は競争力に差をつける最後の武器
  ・水すましが運行しやすいよう十分な通路を確保する
  ・ピッキング工程の2ハンド化でミス防止と工数削減
  ・3S活動でスペース確保「改善コーナー」を設置しよう
  ・「改善コーナー」による改善推進の実践事例

(6)工場レイアウト改善の経営成果(他社事例紹介)
  ・製造リードタイム短縮で競争力強化
  ・レイアウト改善で余剰な仕掛や在庫を削減、資金計画に余裕
  ・品質向上と工数削減で新たな投資ができる
  ・納期遵守率が向上、営業部門の負担が軽減
  ・職場活性化と工場のショールーム化が実現 

※セミナー内容は一部変更になる場合がございます。

------------------------------------------------------------
【参加対象者】
 ・管理・監督者、職場リーダー、改善活動リーダー

担当講師


■株式会社テクノ経営総合研究所  エキスパートコンサルタント  松田 龍太郎

大手電機メーカーで機械設計・開発に従事。特許・実用新案を数多く考案し、改善提案を26年間で6,000件以上実施する。トヨタ生産方式(TPS)を中心に業務改善、間接業務の改善にも取り組む。メーカー退職後、コンサルタントとして活躍、元気で明るくユーモアを交えたユニークな指導を展開してきた。  現在は欧州数カ国を毎月訪問し、数多くの企業でコンサルティング実施。日刊工業新聞社の月刊誌、企業家精神も含め 月間2本の連載を執筆中。見えるムダだけでなく、見えないムダまで自ら気づくヒントを提供し、「自ら考え、自ら行動し、自ら改善が出来る」ようにやる気を引き出す事を得意とするコンサルティングを進めている。 ※『工場管理』(日刊工業新聞社) 好評連載中! 「見えないものが見えてくる 虫の眼 魚の眼 鳥の眼」

開催要項

【 開催日時 】 2018年3月15日 (木) 10:00〜16:30

【 開催場所 】 大阪:株式会社テクノ経営総合研究所 大阪オフィスセミナールーム7F

【 受講料 】   通常料金(税込)30,000円  

パンフレット



FAXでのお申込みも可能です。
※PDFファイルの情報をご覧になるにはAdobeのAcrobat Readerが必要になります。
お持ちでない方は下のアイコンからダウンロードをお願い致します。
   パンフレット